リトミックとは ?

リトミックを知ろう

脳で考える、心で感じる、自分を表現

リトミック教育とは技術的な学習の前に感受性や創造性といった感覚を体で経験して身につける教育です。

幼児教育におけるリトミックの目的は、集中力を高めること、一定の速さで拍子やリズムを保つこと、頭で考え体を使って表現すること、無意識にある音楽的感覚を引きだすことです。リトミックでは集中力を高めるため即時反応の活動を行い、決められた動きではなく感じた音を表現する能力を身につけます。

解っていることを解っているように表現することは大人にとっても大変困難です。リトミックを通し幼児は 「見る」 「聞く」 「触れる」 ものすべてを身体全体で表現し、イメージ能力を大きく成長させ、心に浮かんだことを表現する力を育んでいきます。

小さいお子さまの場合はお母さまの歌声や話しかけが一番の音楽です。まずはお母さまがレッスンに積極的に参加して、お子さまと一緒に音楽を楽しむことから始めましょう。

リトミックでは、どんなことをするの ?

リトミックでどんなことが身に付くの ?

  • 自由な表現、自発性を求めるレッスンで柔軟で積極的な感性を伸ばす
  • 体を動かし正確なリズム感を養う
  • 音に対する集中力を高める
  • 身体を動かす楽しさを体得できる
  • 情緒が豊かになる
  • ピアノ学習の導入として音楽の基礎をしっかり身につける
  • 急増している小学校受験のリトミック課題に対応するための基礎力を養う
  • その他音楽性、思考力、集中力、記憶能力、統合力、適応力、決断力 etc ...

音楽教育法としてのリトミック

エミル・ジャック = ダルクローズ
エミル・ジャック
= ダルクローズ

リトミックはスイスの作曲家エミル・ジャック = ダルクローズによって 20 世紀はじめに創案された音楽教育法のひとつです。

幼児にとっての 「音楽」 や 「遊び」 を科学的に考察し、精神と身体との調和、自発性と反射性、精神の集中力と記憶力、創造力などの成長をうながすことを目的としています。

ダルクローズの理念のもと、児童心理学・大脳生理学などを取り入れながら進化・発展を遂げ、人間としての成長過程において最も大切な時期にある幼児を、「楽しい音楽遊び」 を通して健やかに育む総合教育として確立されました。